5月25日、Googleは同日EUに施工されるデータ保護法に準じて、Google Analyticsのユーザーとイベントに関するデータ保持に関する仕様を変更することを明らかにしています。

この仕様変更により、Google Analytics上のユーザーとイベントに関するデータは削除されます。

ただし、5/25以前に単純な設定をしておけばデータの削除を回避できます。

データ保護法対策

  1. Google Analyticsの「管理」画面にアクセス → 「トラッキング情報」を押す
  2. 「データ保持」を押す
  3. 「ユーザーデータとイベントデータの保持」というプロパティを押す
  4. 「自動的に期限切れにならない」の値に設定
  5. 「保存」ボタンを押す。

以上でGoogle Analyticsのデータが保持されます。