僕「がさっ…(引き出しにあるゲームをすべて取り出す)」
妻「なに?」
僕「面白かったのを選んでみて」
妻「え?」
僕「おもしろかったのを、選んで」
妻「それは聞こえてるんだけど」
僕「ダメ?」
妻「いいけど……」

妻と結婚した当初に「夫婦で共通の趣味があったほうがよくない?」という話しになり、僕の予てからの趣味に引きずり込む形で、夫婦一緒にゲームをするようになりました。

妻は結婚するまで、頻繁にゲームをするタイプではありませんでしたが、2人で遊べるようなタイトルをいくつかプレイする内に、だんだんとゲームにのめり込み、最近では1人プレイのタイトルを自らプレイするまでに。

そんな妻に、昨年プレイしてもらったソフトの中から「遊んで良かった!」と想えるタイトル を選んでもらいました。

  • ゲームに不慣れな人とも遊べるゲームを探したい
  • ゲーマーの彼氏と一緒に遊びたい
  • ゲーム初心者におすすめの作品を知りたい

といった方の参考になると思います。ゆっくりとご覧いただければ幸いです。

関連記事

ゲーム初心者の妻と、ゲーム好きの夫

なにかを誰かからオススメされたときは、それがどんなものであれ、オススメした相手がどういったものを好み、これまで何に時間を割いてきた人物なのかによって、その情報が信頼に足るものかを判断できると思います。

そこで、まずは僕と妻のゲーム歴を紹介します。本編を眺める際の参考にしてください。

ゲームに馴染みはあったけど、積極的に遊ぶことは少なかった妻

平成元年生まれの妻が人生で初めて遊んだゲームは「スーパーファミコンのスーパーマリオワールド」で、もっとも長い時間遊んだゲームは「任天堂64のマリオテニス」とのこと。

ゲーム初心者とは言いながらも、男兄弟がいた影響で、ゲームで遊ぶ機会はそれなりにあったみたいです。

自分から積極的にゲームで遊ぶことはなかったようですが、「スーパーファミコンのヨッシーアイランド」だけは別物で、その可愛らしい世界観が気に入り、みずから熱心にプレイしていたということでした。

中学生以降は部活を頑張っていたようで、結婚するまでゲームで遊ぶことはなかったそうです。

幼稚園に上がる前からファミコンで遊んでいた夫

夫の僕は昭和61年生まれ。9つ離れたゲーム好きの兄がいた影響で、小さい頃からがっつりゲームに漬かっていました。初めて遊んだゲームは「ファミコンのマッピーキッズ」。人生でもっとも長い時間遊んだゲームは「プレイステーション3のデモンズソウルか、PSPの モンハン2G」だと思います。

20代後半になってからは「WiiU・Switchのスプラトゥーンシリーズ」や、「3DSのカルドセプト リボルト」に時間を割き、ここ最近はゲーミングPCを手に入れた影響からPCゲームで遊ぶことが多いですね。

例に漏れず、PUBGにはドハマリしました。一時期毎晩遊んでいた影響で、もう300時間近く遊んでいます。こんなに長時間遊んでいるのに、そこまで長い時間を費やした記憶がないのが怖いところ。

スクリーンショット 2018 04 24 23 02 31

ノミネートは33作品

対象にしたのは以下3つのハードです。

  • PS3
  • WiiU
  • 3DS

羅列するのは疲れる…と思ったけど、案外多くなかったので一覧します。ぼくがプレイするのを妻はただ見ていただけ、というタイトルも含むので悪しからず。

ちなみにDL専用ソフトも同じ枠に入れて選んでもらいました。

PS3

  • オフラインCO-OP可
    • トーキョージャングル
    • テラリア
    • HELLDIVERS
    • ボーダーランズ2
    • マインクラフト
    • バイオハザード5
    • バイオハザード6
    • Diablo3
  • シングルのみ
    • ダークソウル
    • ダークソウル2
    • rain

WiiU

  • オフラインCO-OP可
    • アートオブバランス
    • スーパーマリオ 3Dワールド
    • ゼルダ無双
    • 大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U
    • ドンキーコング トロピカルフリーズ
    • ピクミン3
    • マインクラフト
    • テラリア
    • マリオカート8
    • ヨッシー ウールワールド
    • レゴ マーベル スーパー・ヒーローズ ザ・ゲーム
    • マリオテニス ウルトラスマッシュ
  • シングルのみ
    • Year Walk
    • スプラトゥーン
    • THE SWAPPER
    • Xenoblade X
    • 零 濡鴉ノ巫女
    • Little Inferno
    • ゼノブレイドクロス
    • ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス
    • Wii Fit U

3DS

  • ファンタジーライフ リンク!

本編。カップルにおすすめ!妻が選ぶ「遊んで良かった」と思うゲーム15選

ピクミン3・WiiU

pikumin3

本編はシングル専用ですが、僕の遊んでる画面を見ながら、「通り過ぎたけど、さっき青色のピクミンいたよ」とか、「ちょっと前に赤いピクミン溺れてたよ」とかのアドバイスをすることで、一緒にプレイしているような感覚で楽しめたとのこと。キャラクターの可愛さやほのぼのとした世界観も好評でした。

まあいいんだけど、皆様方におかれましては、パートナーのピクミンが溺れているのに気付いた際は、気付いたときに教えてあげてください。

Year Walk・WiiU

year-walk

DLかつシングル専用ソフトです。不思議な世界観のホラーゲーム。脱出ゲームと言っていいのかな?

ホラー要素はたぶん控えめな方ですが、肝っ玉と心臓の小さい僕にはこれでも十分食べ応えがありました。とあるシーンでびっくりしすぎた僕の、

「びゃぁっ!!!!」

っていうリアクションが妻的にツボだったようで、堂々の9位にランクイン。

Year Walk 最後の啓示 [オンラインコード]
任天堂 (2015-11-13)
売り上げランキング: 18,138

rain・PS3

rain

YEAR WALK もそうなんですが、妻はこの手のどことなく寂しくて、物悲しい世界観のゲームが好きっぽいです。今回入ってないけど、ICOも好きそう。

作中で主人公を追いかけてくる怪物がいるんですが、そいつと出くわしたときに鳴る特徴的な効果音を、現実世界で髪型が不自然なおじさんを見かけては真似して鳴らす、というのが妻の間でしばらく流行しました。ハゲ予備軍の私としてはまことに遺憾です。

零 濡鴉ノ巫女・WiiU

zeronuregarasu

買うかどうか迷ったんですけど(俺が怖いの苦手)、妻が日本の村に伝わるサイコな伝承とかヤバめな風習を調べるのが好きだったので、こういうストーリーは食いつくんじゃないかなと買ってみました。

結果、堂々の選出です。ありがとうございます。

スーパーマリオ 3Dワールド・WiiU

supermarioworld3d

ようやくマルチで遊べるタイトル。王道のマリオ。

WiiUと一緒に買った2つのソフトのうち1本がこれなんですけど、初プレイ時の衝撃と感動ったらなかったです。しばらく任天堂タイトルから離れていたぼくは、正直なところ、任天堂に対してファミリーやライトユーザーに向けたソフトばかり作っているゆるふわメーカー的な印象を持っていたのですが、このマリオを遊んだ瞬間にそんな思いを抱いてしまった自分をひどく恥じました。このマリオ、きっと誰が遊んでも超おもしろい。

いま思えば任天堂のタイトルって基本的にすべてそんな気がするんですけど、この作品は特にユーザーに不便を感じさせない作りが徹底されているような感じがあります。

レベル上げだったり難易度の高いアクションだったりと、ゲームって本質的にはユーザーとストレスの物語だと思うんですけど(だからこそゲームのクリアに感動や達成感がある)、狙ってストレスをかける部分、つまり本編アクションパート以外で負担となるストレスがマジでないんですよね。遊びのストレスに集中させるっていうのは、気持ちの良いゲーム体験に不可欠だと思うので、各メーカーはマジで見習ってほしいと思います。最近結構見かけるんですけど、視力1.0のぼくでも視認できないほどゲーム内のフォントサイズが小さいタイトルってありますよね。なめてる。

個人的に思い入れのあるソフトだからぼくの感想を語っちゃいましたが、妻は「失敗しても楽しかった」と言っていて、ああ、いいこと言うなと思いました。おすすめ!

ヨッシーウールワールド・WiiU

yosshiwoolworld

キャラクターが可愛い。各ワールドが可愛い。音楽も可愛い。まさに彼女や奥さんとやるのにうってつけ。

アクション難易度はさほど高くないですが、各ステージには隠しアイテムがいくつか設定されているので、二人で相談しながらアイテムを探す楽しみがあったりします。ぜんぶ取ろうと思ったら、結構時間使います。

マリオカート8・WiiU

mariocart8

これは純粋に「上手くできるから楽しい」とのこと。マリオカートに関しては確かに上手で、レーティング制のネットプレイでもばんばん上位を取ってました。

ネットプレイには二人で同時に接続できるんですが、海外のユーザーにスターで突撃されたときや甲羅でスピンさせらたときに、

妻「あのイタリア人ぶっ潰す」
夫「任せろ俺がやる」

みたいな会話が生まれて楽しかったです。パートナーの過激な一面を見たい場合はぜひ。

ゼルダ無双・WiiU

zeldamuso

これ、意外とヌルいようで結構いいかんじの難易度でして、二人でちゃんと戦略を立ててから進行しないとミッション失敗になるケースが多いです。なので、自然に二人とも会話が盛り上がり、ゲームも白熱しました。

熱中しすぎて二人とも会社をサボったのは、いまのところこれだけです。

テラリア・PS3 & WiiU

terraria

まーーーー、とにかく遊びました。これはプレイした時期も長期休暇期間中だったりして、朝から晩まで遊び通しましたね。最初はPS3版で遊んでましたが、なんかしらんけどWiiU版も買ってました。

僕は木を切り鉱物を取り、家を建て、生活の地盤を固める仕事に快楽を感じていたんですが、妻はひたすら地上を走り回り、海に潜り、地下に掘り進んで、ジャングルを探検してました。宝箱を見つけるのが快楽だったよう。冒険や狩りってほんとに男のものなんですかね。うちの妻をみてると、女性のほうが向いてるような気がします。

グラフィックや音楽もとても気に入ったようで、ほんとうに長い時間熱中してました。いろんな楽しみ方ができます。おすすめ。

マインクラフト・PS3 & WiiU

minecraft

地下世界の冒険や、小麦を栽培してのパン製造。巨大な牧場の建設に、豪邸建築。妻にとっては、二人でゆったり会話をしながら、二人にとって理想の街を作れる時間が何より楽しかったみたいです。テラリアも50時間くらいプレイしたけれど、マイクラは100時間近くプレイしたかもしれません。

海の近くにステンドガラスが綺麗な教会を作って、「式場!」と、貯金が無く結婚式がまだあげれていない僕に大きなプレッシャーをかけてくるなど、僕にとっては辛い場面がいくつかありましたが、テラリアでは建築する面白みをあまり感じていなかった妻も、3Dで表現できるマイクラでは眠れる才能を存分に発揮できたようで、かなり楽しめたみたいです。今年は式あげようね…。

バイオハザード5・PS3

bio5

バイオハザードシリーズから5です。

ゲームに慣れていない相手とプレイするには弾薬の制限が辛いかなーと思っていましたが、今作も銃にはいくつかの種類があるので、エイム必至のハンドガンやスナイパーライフルをゲーム巧者が持ち、ショットガンやマシンガンなど比較的エイムが不要の武器を初心者が持つなどすれば、かなり安定してプレイが進められると思います。

最初こそバイオ独特の操作性に苦戦していた妻ですが、下手に動かすとゾンビに食われる恐怖感からか、数面プレイしてすぐにその操作性にも慣れていました。ストーリーがしっかり練られている点も、ゲームに不慣れな人を惹き付ける大事な要素になりますね。

ボーダーランズ2・PS3

borderlands2

RPGやハック&スラッシュの要素を含んだFPSです。画面分割でオフラインCO-OPができます。

僕は割とハクスラ系のゲームが好きなんですけど、どうしてもアクションが単調になりがちで、プレイして一時は熱狂する割に、結構すぐ飽きてしまうことが多いです。本作はFPSなので、アクションが単調で飽きるということもなく、それでいてレベルや武器などでアクションの上手い下手をある程度カバーできる仕様となっています。おすすめ。

ディアブロ3・PS3

diablo3

ハクスラ繋がりでディアブロ3。ゲームとしてのベースがしっかりしているので、安心してゲーム初心者とも遊べるタイトルだと思います。周回数と難易度の設定次第で印象ががらっと変わるゲームなので、一周目はチュートリアルくらいの感覚で、適当にさくっと遊ぶことをオススメします。本番は二週目から。

マリオテニス ウルトラスマッシュ・WiiU

mariotennis

オフラインでダブルスを組み、オンラインの相手と対戦できる点で妻とすっごく盛り上がりました。何度もオンライン対戦をしていると同じ相手とマッチングすることも多いのですが、同じ相手に何度も負け続けると、異様に悔しいんですよねw 割と負けず嫌いな性格の夫婦なので、オンライン対戦はかなり血沸き肉踊りました。

しかしまあ、ほんと売れませんでしたね…このタイトル。書いておいてなんですが、現在はオンライン対戦が過疎も過疎なので、そこに期待しての購入はやめておいたほうが無難です。

【マリオテニス ウルトラスマッシュ購入!】ゲームの感想とよくある質問に答えるよ | hineru.com

【マリオテニスウルトラスマッシュ】ダブルスの戦略と勝ち方のコツについて考察してみたよ | hineru.com

ファンタジーライフ LINK!・3DS

fantasylife

妖怪ウォッチなどを手がけるレベルファイブが作成しているだけあって、ほのぼのした世界観や優しい言葉遣いのゲームなので、カップルでプレイするにはおすすめのタイトルです。

いくつもある職業から一つを選び、クエストをこなして職業の熟練度を上げていくことで、倒せるモンスターや、行ける場所、作れるアイテムなどをだんだんと増やしていくというゲームです。

自分は鍛冶屋で、相手は傭兵の職業を選ぶなどをすると、自分1人では危険で入れない洞窟の奥へ一緒に入って、鍛冶用の素材を手に入れ、そして手に入れたアイテムで相手に新しい装備を作って、さらに危険な洞窟に行って……みたいなプレイができたりして楽しいです。

あとがき

以上、「2016年に夫婦で遊ぶために買って良かったゲーム15選」でした!

僕自身前から思っていたことであり、妻に話を聞いて改めて感じたことは、彼女の記憶に強く残っているのはゲームの内容ではなく、このゲームをしたのはどういう季節で、ぼくとどういうお菓子を食べながら、どういう会話をしたかということの方で、普段ぼくが1人でゲームをするときなんかはゲームをするためにゲームをしていることが多いのだけど、普段からゲームをしないようなパートナーとゲームをするときは、相手を知るためやコミュニケーションのためにゲームをする意識を持つことで、ゲームをプレイする時間やソフトの持つ価値を最大化できるんだろうな、みたいなことを思いました。

根っからのゲーマー夫婦になるとゲームクリアを目標にゲームをしてもいいと思うんですけど、うちみたいに奥さんや彼女がゲームにあまり慣れていない場合は、そういうゲームの楽しみ方は個人でゲームするときに取っておいた方がゲームに対する熱量もズレず楽しめると思います!

2017年版はこちらです

2017年に夫婦で遊ぶために買ってよかったゲーム13選

アナログゲームでも遊んでいます

デジタルゲームばかりではなく、ボードゲームやカードゲームも好きでよく遊んでいます。

アウトドア派ならこちらのスポーツがおすすめ!

ゲームが好きな夫婦ですが、たまには外でも遊びます。