スポンサーリンク

こんにちは、ひねる(@hnl)です。

このブログでシリーズものを書いてみることに決めました。ずばりタイトルは、「夫婦で遊ぶならこのゲーム!」です。略して、「夫婦ゲー!」。いぇーい。

内容は単純、「夫婦で遊んで面白かったゲームを紹介する」です。面白くなかったら紹介しない!

ちょっと前に書いた「2016年に夫婦で遊ぶために買って良かったゲーム15選 | hineru.com」という記事がこのブログで一二を争うくらい読まれているので、男女やカップルで遊べるゲームを探している人はけっこういるんだなーということで連載を決めました。

さてさて、そんなシリーズ一本目に選んだのはこちら。「Lovers in a Dangerous Spacetime」です。

愛の力で宇宙を救うスペースアクションシューティング

NewImage

本作はPS4やNintendo Switch、Xbox Oneなど、多彩なプラットフォームで発売されています。我が家ではSteam(たくさんのPCゲーを販売するプラットフォームです)からWindows&Mac版を購入してプレイしました。

ゲーム内容は、1~4人で協力プレイのできる、スペースアクションシューティングとなっています。ラブリー&キャッチーな世界観とシンプルな操作感ながら、やりごたえは十二分。

難易度調整も可能ですので、バリバリのゲーマーにも日頃ゲームで遊ばない方にもおすすめできるタイトルです。休日に家族や恋人と遊ぶゲームをお探しの方は、ぜひぜひ参考にしてみてくださいね。

実際に夫婦でプレイした動画はこちら

「スペースアクションシューティング」とだけ聞いて、正確なゲーム内容を思い浮かべるのは難しいですよね。そこで、ゲーム冒頭を夫婦で遊んでみた様子を声入りで撮影してみました。具体的なゲームの雰囲気を知りたい方は、まずはこちらの動画をチェックしてみてください。

動画の内容は、オープニング(チュートリアル) ~ 1ステージ目までとなっています。

「Lovers in a Dangerous Spacetime」が夫婦・カップルにオススメな3つの理由

可愛くきれいなグラフィック

NewImage

NewImage

ネオン色に光るまんまるの宇宙船や、ポップなプレイヤーキャラクター、そしてカラフルに彩られた宇宙空間は、見ているだけでウキウキした気持ちになります。

日頃ゲームをしない人を巻き込むにあたって、とっつきやすい見た目は大事な要素ですよね。その点、本作は100点満点のビジュアルではないでしょうか。

操作とシステムが非常にシンプル

面白さに気付くまでに、複雑なシステムや操作を覚えなければならないゲームは多いです。ゲーマーはその複雑さをやりがいや面白さに結び付けられますが、ゲーム初心者にとってはゲームの苦手意識を高める要素でしかありません。

しかし!本作は、基本的に「移動・攻撃・防御」の三つの操作で成り立っているので、すぐにゲームの内容を覚えられます。操作はシンプルながらも、ひとつの宇宙船を全員で操作するというゲームのルールが、プレイ感をエキサイティングで、奥深いものにしています。

難易度の調整が可能

本作は、プレイするステージごとに難易度が変更できます。

  • スーパーカジュアル
  • カジュアル
  • ノーマル
  • ハード

以上の4つから選ぶことができるので、ノーマルを遊んでみて「難しい!」と感じた場合は、カジュアルやスーパーカジュアルに変更してみると良いでしょう。

ゲームに慣れてきたら、もしくはゲームに慣れている方同士で遊ぶ場合は、ノーマルやハードに変更して遊ぶこともできます。

「Lovers in a Dangerous Spacetime」を採点してみた

ゲームの面白さを伝えるために、一定の指標があると分かりやすい気がしたので、夫婦で100点満点でゲームに採点してみました。

採点の基準には、僕たち夫婦が最も長い時間遊んだゲームタイトルである「マインクラフト」を、85点として置いています。

それでは点数の発表です。

ひねる
三度の飯よりゲーム好き。とは言うものの、飯も好き。
たびたび夫のゲームに付き合わされる。ゲームは嫌いじゃない。

82/100。2人でコミュニケーションを取りながら遊べるのが良い!

80/100。とにかくかわいい!2人で1つの宇宙船を操作するので、どっちかの責任や負担にならないのが良かった

ちなみに、大手レビューサイトのMetacriticでは、Switch版のスコアが 86/100 でした。個人の感覚ですが、Metacriticのスコアが80を超えている作品は名作と言って差し支えないものばかりです。もちろん、本作も例外ではありません。

Steamや、PS Store、マイニンテンドーストアで購入できます

本作は、PC版、PS4版、Switch版、Xbox One版と、幅広いハードでプレイできるので、お手持ちのハードのなかから、お好みのものをチョイスすると良いでしょう。

個人的には、もっともPC版がオススメです。全てのプラットフォームで大体¥1,500ほどで購入できますが、PC版を販売しているSteamでは頻繁にセールが行われています。この記事を書いている「2017/11/25現在」も、60%オフのセール価格で販売されていて、なんと¥592で購入できます。

このゲーム以外にも、Steamはたくさんの作品を扱っているので、頻繁にゲームで遊ばれる方にはおすすめのプラットフォームです。必要なハードはパソコンだけ。ある程度のスペックは必要ですが、そこまで古いPCでなければ、満足のいく動作が叶うと思います。詳細はゲームごとのシステム要件を確認してみてください。

おわりに

以上、スペースアクションシューティング「Lovers in a Dangerous Spacetime」の紹介でした。

外で遊ぶのも良いけれど、たまの予定のない休日に、大切な人を誘って一緒にゲームも良いものですよ。「どうせ上手くできないし…」とゲームを避ける人が相手ならなおさら。この機会に、ぜひゲーム好きに変身させちゃってください!

PCゲームをテレビの大画面で遊びたい

我が家はPCのモニタがやや小さいので、「テレビのHDMI端子」と「iMacのMiniDisplayPort」を繋ぐケーブルを買って、大画面でゲームを遊べるようにしています。

僕が使っているのは↑これです。Windowsパソコンの方は、お使いのパソコンとテレビのディスプレイ用端子を確認して、例えば「テレビの端子: HDMI」、「パソコンの端子: HDMI」なら、↓こちらのケーブルを繋げば、テレビの大画面にPCの映像を映すことができるようになります。

PCで遊ぶ時にコントローラーはどうする?

すでにほかゲーム機のコントローラーをお持ちの方は、PCにUSB接続や、Bluetooth接続することで、それらのコントローラーを流用することが可能です。

iMacの場合は、特に何も考えずにコントローラーとPCを接続できましたが、僕の持っているWindowsマシンはBluetoothを受信する機器が付いていないので、

↑こちらを買って、WiiUのコントローラーを接続しています。